看護師のストレス発散方法特集

看護師のストレス発散方法特集

看護師がうまくストレスを発散するために

看護師という職業は、ストレスがたまりやすい職業なのだそうです。どういったことでストレスがたまるのかは人によって違いがあるでしょうが、毎日の勉強・上司や先輩との関係・患者さんやその家族との関わりなどにストレスを感じてしまうことが多いようです。また、現在多くの医療機関で看護師の人手不足が問題となっているため、看護師一人当たりの仕事量が増えてきているそうです。それによりストレスを抱えている方も多いようです。

 

ストレスをため過ぎてしまうと、うつ病などの精神疾患を発症する原因にもつながります。看護師の中には、うつ病により仕事を長期間休まなければいけなくなってしまった方や、退職しなければいけなくなってしまった方もいるようです。そうならないためにも、ストレスをうまく発散しながら仕事をすることが大切です。ストレスがたまっていることに気づかない方もいるようですから、気をつけたいものです。自分の好きなことや楽しみなことを見つけて、仕事のストレスとうまく付き合っていくことが理想ですね。

 

逆に、今までやったことのない職場でアルバイトしてみるというのも、1つの手です。「看護師のアルバイト日記」では、色々なアルバイトを経験している看護師が体験談などを紹介しているので、良い参考になりますよ。

 

ストレスを溜めないために、仕事を楽しむことを心がけよう!

ストレス発散に効果があるものは、運動・音楽鑑賞・読書などいろいろありますが、この中のものは自分には合っていないと感じている方もいるのではないでしょうか。人がやっていて良いものでも、自分に合っていなければ意味がありませんし、無理してそれをやることも良くありません。

 

1番のストレス発散方法は、無理をしないで楽しめることを見つけてやることです。看護師の仕事をしていると休みが不規則になりがちなので、貴重な休みを楽しんで過ごせるかどうかが大切ですよね。例えば、買い物・旅行・おいしいものを食べる・たくさん睡眠をとるなど、こういったこともストレス発散につながるので良いことです。

 

ストレスがたまっているから何かしなくてはと思うのではなく、自然に出来ることを見つけてやるということが大切なようです。ストレス発散法がないという方は、いろいろなものを試してみて1番自分に合ったものを探してみるのもいいのではないでしょうか。